休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

感染症内科

Infection internal medicine

感染症とは

感染症とは「微生物が引き起こす病気」です。微生物とは、細菌やウイルス、カビ(真菌)、寄生虫、原虫などをさし、生活空間だけでなく、私たちのカラダの中にも非常に多くの種類が存在しています。
感染症というくらいですから、誰かから、もしくはどこかからうつってしまうんですが、「感染症=伝染病=うつる病気」というすごく恐ろしいイメージを抱いてしまうのは実は誤りです。確かにエボラ出血熱や結核など恐ろしい病気もありますが、身近なものだとインフルエンザや風邪、肺炎、胃腸炎なども感染症です。

このような微生物が引き起こす病気の専門家が、「感染症医」です。

1:一般感染症

  • 発熱、鼻水、のどの痛み、咳などの風邪やインフルエンザ、肺炎、副鼻腔炎など
  • 下痢、嘔吐、腹痛などの急性胃腸炎、感染性腸炎、食中毒など
  • 湿疹、皮疹などがでるはしかや風疹などのウイルス性疾患

2:その他感染症

  • HIV感染症、性感染症、海外から帰国後の体調不良など

3:ワクチン接種や予防内服薬の処方など

  • はしかや風疹
  • 海外渡航前のワクチンをうちたい
  • 海外帰国後の体調不良
  • 抗体検査をしたい
  • マラリアや高山病の予防内服をしたい

病気を調べる

症状から調べる

pagetop