KARADA内科クリニック | 五反田(品川区)・渋谷

WEB予約

症状から探す

リンパ節が腫れている(リンパ節腫脹)

記事執筆者

KARADA内科クリニック 五反田院

院長 佐藤 昭裕

総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。性感染症(性病検査)も専門とする。
「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。

東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。

-著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』
●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中
●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

認定資格

  • 医学博士
  • 日本感染症学会専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定医・指導医
  • 日本感染症学会推薦 ICD(Infection control doctor)
  • 日本エイズ学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 臨床研修指導医(厚生労働省)
  • 身体障害者福祉法指定医(免疫機能障害)

リンパ節は首やわきの下、股の付け根などにあり、人によっては触れることができます(健康な若年成人の半数で触れることができます)。直径1cmまでは正常範囲です。

リンパ節がはれる原因として多いのは、細菌やウイルスなどが感染することにより、それにリンパ節が反応するものです。そのようなときは通常押すと痛みがあります。感染が収まれば、自然に消えていきます。

それに対して悪性の危険信号は、

1.大きさが2cm以上で、徐々に大きくなってきている
2.40歳以上
3.10%以上の体重減少
4.鎖骨上リンパ節
5.発熱、非常に多い寝汗などの全身症状

があげられます。この時は速やかな受診が望ましいです。

また、どこのリンパ節がはれているか、でも何の病気なのかを疑うことができます。

前頚部(首の前):片側性…咽頭炎、口腔内感染症(虫歯など)、甲状腺がん/両側性…咽頭炎、伝染性単核球症、サルコイドーシス、トキソプラズマ症
後頚部(首の後ろ):HIV感染症、伝染性単核球症、結核
耳介前部(耳の前):結膜炎、風疹、レプトスピラ症
耳介後部(耳の後ろ):伝染性単核球症、風疹、中耳炎、リンパ腫
右鎖骨上部:肺・縦郭・食道などの悪性腫瘍
左鎖骨上部:胃・膵臓・腎臓・卵巣・前立腺などの悪性腫瘍
腋窩(わきの下):乳房悪性腫瘍、ネコひっかき病、ホジキンリンパ腫
鼠径部(股の付け根):梅毒、性器ヘルペス、蜂窩織炎

 

PAGE TOP