休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

病名から探す

disease_name

アレルギー性鼻炎

【アレルギー性鼻炎とは】

アレルギー性鼻炎は、動物、ほこり、ダニ、カビなど身近な物質に対するアレルギー反応であることが多いです。そのアレルギー反応により様々な症状がでてしまいます。

【症状】

アレルギー性鼻炎は、目のかゆみや、突発的なくしゃみ、目・鼻・のどのかゆみと咳を伴うことがあります。また、咳、頭痛、不眠などを伴うこともあります。鼻の粘膜を見てみると、白くなっています。

【診断・検査】

どの物質に対してアレルギーをもっているかを調べられる、View39という血液検査があります。1回の採血で、下記39種類のアレルゲンを調べることが可能です。問診から原因アレルゲンが推定できない方や、アトピー性皮膚炎の方、PFS(pollenassociated food allergy syndrome; 花粉関連食物アレルギー症候群)合併が疑われるアレルギー性鼻炎の方に有用な検査です。

〇吸入系 ・その他アレルゲン(19項目)
ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス

〇食物系アレルゲン(20項目)
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、米、ゴマ、ソバ、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉 予約は不要で、価格は保険適応で約5-6000円程度となります。結果は採血より約1週間で判明します。原因アレルゲンがわかることで、そのアレルゲンを避けることが可能になるため、非常に有用な検査です。

【治療】

・根本的な治療はその物質との接触を避けること、例えば部屋の掃除を小まめにしたり、イヌやネコと触れ合わないようにしたりすることです。症状を抑える、という意味で抗アレルギー薬を内服します。抗アレルギー薬の内服でのどのイガイガやかゆみ、鼻水を抑えることができますが、鼻詰まりは抑えることができないため、抗ロイコトリエンという薬を併用することになります。

・スギとダニのアレルギーに関しては舌下免疫療法があります。スギとダニに関しては、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、症状を和らげたり、根本的な体質改善を行います。毎日1日1回アレルゲン(錠剤)を舌の下におきます。それを約3年間続けます。初回投与時はアナフィラキシーショックなどを起こすこともありますので、院内で服用していただき、30分間は院内で体調に変化がないか確認をさせていただきます。

【予防】

何と言ってもアレルゲンと接触しないことが大事です。スギやブタクサなどの花粉症がある場合には、不要な外出を避けたり、外出をする際にはマスクを装着したりすることが必要となります。また、ハウスダストやダニがアレルゲンの時は、部屋をこまめに掃除し、換気をする必要があります。 また、花粉症については、花粉の飛び始める2-4週間前から抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬を使用することで、症状の発現を弱く抑えることができます。1月下旬になったら内服を開始するのが非常に有効ですので、早めの対策が必要です。

pagetop