ブログ

2021.01.28 新型コロナウイルス関連情報

ご自身がコロナ濃厚接触者として保険診療を受けられるか確認する方法

本ブログは、保健所からの連絡がなくても、公費(保険)でPCR検査を受けるための条件を記載します。

※東京都の例となります


KARADA内科クリニック院長の佐藤昭裕です。

これまで「濃厚接触者」の認定は、保健所が行ってきました。

しかし、感染者増大により保健所業務がひっ迫し、方針転換がこの度行われました。

保健所は「重症化リスクが高い人・場所」への対策を強化し、それ以外の人におけるPCR検査などは、「各医療機関に委ねる」ということになりました。

下記条件に当てはまる方は、保健所からの連絡がなくても、公費(保険)でPCR検査を受けられる可能性があります。

最終的に公費なのか自費なのかは、医師の判断になりますので、ご確認をお願いいたします。

 

ご自身で濃厚接触者に該当するか確認するポイント

 

①接触期間の確認

 

新型コロナウイルス感染症は、症状の出現する2日前から感染性があるため、

  • 陽性患者(確定例)が症状ある場合
    • 陽性の方の症状(咳や発熱・味覚障害等)出現日の2日前以降にご自身が接触した

 

  • 陽性患者(確定例)が症状ない場合
    • 陽性の方が検査した日から2日前以降にご自身が接触した

 

方が条件となります。

従って、陽性の方と接触した日に、陽性の方が咳や発熱していなくても、対象となる可能性があります。

 

②接触状況の確認

 

上記条件を満たし、下記①~④に当てはまる方は当院へご相談ください。

  1. 患者(確定例)と同居家族である
  2. マスクや手袋などをなしで、患者(確定例)の診察や介護を行った
  3. 患者(確定例)の体液(唾液や鼻汁など)に直接触れた
  4. 患者(確定例)とマスクなしで15分以上の会話・会食をした

 

上記条件を満たし、医師に「濃厚接触者」と認められた場合は公費(保険)で検査を受けることができます。

 

PCR検査の費用

 

種類 金額
公費・保険適用 2,500円~5,000円
※検査料を国が負担します

 

いつ、どのように結果が分かる?

 

公費・保険適用
症状のない方 翌日の午前中/電話
症状のある方 翌日の午前中/電話(症状によっては来院)

 

 

予約方法

 

 

検査結果判明後の対応

 

陽性の場合

 

  • 保健所から連絡が来ます。ただし、重症化リスクの高い人から連絡が行くため、連絡が行くまでに数日要することがあります。
  • 保健所から連絡があるまでは、自宅療養を続けてください。
  • 保健所からの連絡がくるまでに症状が悪化した場合は、東京都発熱相談センター(当院で検査をされた場合は当院)へ連絡をしてください。
  • 同居家族がいる場合には、その方々も濃厚接触者となります。公費で検査となりますので、症状がある場合は東京都発熱相談センター(当院で検査をされた場合は当院)、症状がない場合は保健所(当院で検査をされた場合は当院)へ連絡をしてください。

 

陰性の場合

 

  • 検査が陰性でも、濃厚接触者は14日間の健康観察期間が必要となります。潜伏期間中に発症する可能性があるため、14日間は自宅待機となります。
  • 症状が出現、もしくは悪化した場合は、東京都発熱相談センター(当院で検査をされた場合は当院)へ連絡をしてください。

 

 

当院の特徴

 

当院は感染症専門医が院長を務めており、発熱外来も行っております。

  • 感染症専門医が診察
  • 即日(当日)検査結果も可能※1
  • 豊富な実績(約6,000人※2の検査実績)
  • 五反田駅から徒歩1分、品川駅からも7分・大崎駅から5分の立地。
    ※11:30までの検査分で、自費・海外渡航証明書のみ
    ※2021年1月時点

 

当院は五反田駅から徒歩1分、品川駅からも7分の場所にありますので、ご入用の方はご来院ください。

KARADA内科クリニックは平日、土曜日夜19時まで診療をしており、PCR検査も土曜日19時まで受付可能です。

The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 ●著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

最新記事 by 佐藤 昭裕 (全て見る)