ブログ

公開:2021.10.04 /
更新:2021.11.15
医療情報

【当日発行可】日本帰国時の待機期間短縮の緩和陰性証明を発行します

当院は、帰国時の「待機期間の短縮」「行動制限緩和」のためのPCR検査を実施し、陰性証明書を発行する事が可能です。当院は厚生労働省の指定検査機関です。渋谷院・五反田院(品川区)どちらかご都合の良いクリニックで受診ください。

当院の特徴

  • 経済産業省日本渡航医学会の指定クリニック
  • 即日(当日)検査結果も可能※1
  • 30ヵ国以上の豊富な実績(書類発行数も約5,000人以上の実績)
  • 渋谷院:スクランブル交差点目の前。五反田院:五反田駅から徒歩1分。(品川駅からも7分・大崎駅から5分)
    ※2021年10月時点

現在、帰国時の待機・行動制限緩和は

①待機期間の短縮
ご自身でPCR検査を受けて頂き陰性証明をアップロードする事で10日目以降の待機期間が短縮される

②行動制限の緩和
PCR検査が陰性かつ、上司などが管理する事で隔離期間中の4日目以降の行動制限が緩和される

の2種類がございます。当院はどちらにも対応しております。

①待機期間の短縮(10日目以降)

当院でPCR検査を受けて頂き、所定のシステムにアップロードして頂く事で、待機期間の短縮が可能となります。

②行動制限緩和(4日目~)の条件

①~③のいずれも満たす入国者は、入国前に、受入責任者(企業等)が業所管省庁に申請を行い、審査を受ける ことにより、受入責任者の管理の下、入国後の待機期間中の行動制限を緩和することができます。

  1. 日本人の帰国者、在留資格を有する再入国者、商用・就労目的の3月以下の短期間の滞在又は緩和が必要な事情があると業所管省庁が認めた長期間の滞在の新規入国者である
  2. 入国日前14日以内に10日施設待機指定国・地域又は6日施設待機指定国・地域での滞在歴がない
  3. ワクチン接種済者である

※他のパターンもございますので、詳細はこちらでご確認ください。

待機緩和のイメージ

詳しくはこちらをご確認ください。

●厚生労働省の該当ページはこちら

 

当院のPCR検査の費用とスケジュール

通常便か即日便かにより、費用とお渡し日が変わります。

<費用>

  即日 通常
PCR検査費用 25,300円
(税込)
19,800円
(税込)

 

検査結果のフォーマット指定が厚生労働省にはございませんが、当院では無料の検査結果の紙を発行させて頂いております。(そちらで申請可能です。)

<お渡しスケジュール>

※通常、即日ですと18時以降のお渡しですが、下記の方は17時頃までのPDF送付を行わせて頂きます。

●11:30~12:00のご予約枠まで(渋谷院の土日は10:30~11:00まで)
●ご予約の備考欄に「待機緩和目的」だとご記入いただいた方。もしくはお電話でお伝え頂いた方

今後、感染状況によっては難しくなる場合がございます。ご了承をお願いいたします。

五反田院(月~土)

検査時間 (即日)
証明書受取
(通常)
証明書受取
12:00まで 当日
17:00頃にPDF送付
(緩和目的とお伝え頂いた方のみ)
翌診療日
10:00以降
13:00まで 当日
18:00以降
13:00以降

渋谷院①(月~金)

検査時間 (即日)
証明書受取
(通常)
証明書受取
12:00まで 当日
17:00頃にPDF送付
(緩和目的とお伝え頂いた方のみ)

翌診療日
10:00以降
13:00まで 当日
18:00以降
13:00以降

渋谷院②(土日)

検査時間 (即日)
証明書受取
(通常)
証明書受取
11:00まで 当日
15:30以降にPDF送付
(緩和目的とお伝え頂いた方のみ)
翌診療日
10:00以降
11:00以降

※お渡し日が休診日・祝日にあたる場合は1日後ろにずれます

陰性結果のお渡し方法に関して

通常は手渡しが原則なのですが、本件に関してのみメールでのご送付も承ります。「帰国時の自宅待機短縮のための結果」である旨、窓口までお申し付けください。

結果のお伝え方法については、窓口にご相談頂ければ幸いです。

よくある質問

  • 検査方法は鼻咽頭検査でしょうか、唾液検査でしょうか?
    症状がない方の検査は原則、鼻咽頭ぬぐい検査となります。
  • 家族で検査希望の場合、同時に複数人の検査が可能でしょうか?
    はい、可能です。
  • 会社単位での申し込みは可能でしょうか?その際請求書払いも可能ですか?
    はい、会社単位でも承っています。請求書払いも5名様以上で可能です。
  • 万が一、検査結果が陽性となった場合はどうなりますか?
    「陽性=感染している」という判断になりますので、保健所と連絡をとりあい、ホテルへ隔離、自宅療養、医療機関へ入院の3パターンのうちいずれかになります。
  • 領収証の発行は可能でしょうか?
    はい、可能です。
  • 支払いは現金のみでしょうか?
    現金、クレジットカードが使用可能です。
The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 ●著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

最新記事 by 佐藤 昭裕 (全て見る)