休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

母校で学生講義をしてきました


KARADA(カラダ)内科クリニック院長の佐藤です。

母校である東京医科大学の第3学年の講義に行って参りました。

現在も東京医科大学病院感染制御部の兼任講師となっていまして、学生の教育を行っています。

今回のテーマは「性感染症」でした。学生にとっても興味のある内容で、しっかり聞いてくれていたと思います。

昨年の、学生からの講義フィードバックがうれしかったので、載せてしまいます。

こういう感想をもらえると、次もしっかり頑張ろうという気になります。
ちなみに、90分の講義は聞いている方も大変ですが、話す方も大変なんです…。

講義後はややぐったりして、声がかれます。
それだけ熱をもって教育に力を入れている証拠だ、と自分に言い聞かせています。

次の世代の感染症医を探して、育てることも重要な私のミッションと思います。
このような講義は今後もあり、クリニックを代診の先生にお願いすることがありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』(20年7月15日発売予定)
pagetop