ブログ

2019.09.07 スタッフブログ

採血についてご説明します

初めまして!
KARADA内科クリニック検査技師の黒田です。

これから患者様に安心してクリニックに来院して頂くために、

このブログを通して検査のちょっとした説明を出来たらと思います。

では、早速ですが
今回は、【採血】についてです。

 

・採血の容器の種類

 

主にメインの採血容器は3種類あります。

〇茶色
肝機能、腎機能、コレステロール値、腫瘍マーカーなど非常に沢山の項目を調べることができます。

〇グレー
血糖値を調べることができます。

〇紫色
白血球、赤血球、血小板などの数を調べることができます。

 

・採血量は小さじ〇杯分?

 

たまに心配される方がいらっしゃいますが、3種類全て採血しても10ml(小さじ2杯分)なので、
貧血など体に大きな影響もありません。

ご安心くださいm(_ _)m

また、採血をされるのはあまり得意ではないという方も多いのでは?わたしもその1人です。
皆様にも痛いイメージが1番大きいかと思います。

ここのKARADA内科クリニックでは、そのような患者様に対しても、気を楽に採血を受けていただけるよう、
非常に細い針も採用しています。

もちろん健康第一ですが、万が一体調悪くなったり、
ご身体のことで心配な点がありましたらご気軽にクリニックにご来院下さい。

The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 ●著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

最新記事 by 佐藤 昭裕 (全て見る)