休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

コロナウイルス含む、ビザ申請時・入国申請時の診断書(英文も可)


KARADA(からだ)内科クリニック院長の佐藤昭裕です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて、海外渡航・旅行に際してのビザ申請時・入国申請時に診断書(健康証明書)が必要な国が増えています。

国によって求められる内容は異なりますので、しっかりとご確認ください。


KARADA内科クリニックでは下記の内容につきまして、健康証明書・診断書の発行が可能です。すべて当日に発行可能です。

ただし、抗体検査以外の血液検査が必要な場合は翌日以降のお渡しとなります。

※当院ではPCR検査は実施しておりません

→●当院でPCR検査が可能となりました。こちらをご確認ください。(クリック)

 

以下は古い情報となっております。

 

日本語診断書の場合の料金例(税抜)

 

診断書料込みの値段です

  • 症状の確認(せき、痰、頭痛などがあるかどうか)+身体所見(体温測定、血中酸素飽和度測定など)
    約6,000円
  • 症状の確認(せき、痰、頭痛などがあるかどうか)+身体所見(体温測定、血中酸素飽和度測定など)+胸部レントゲン(肺炎の有無)
    約8,000円
  • 症状の確認(せき、痰、頭痛などがあるかどうか)+身体所見(体温測定、血中酸素飽和度測定など)+抗体検査
    約15,000円
  • 症状の確認(せき、痰、頭痛などがあるかどうか)+身体所見(体温測定、血中酸素飽和度測定など)+胸部レントゲン(肺炎の有無)+抗体検査
    約17,000円

 

英語語診断書の場合の料金例(税抜)

 

※診断書料込みの値段です

  • 上記日本語診断書の金額に+7,000円

海外渡航に関するワクチン接種や、常備薬(風邪薬、下痢止め、胃腸薬など)・マラリア予防薬・高山病予防薬の処方、ウイルス性疾患の各種抗体価(A・B型肝炎、はしか、風疹、水ぼうそう、おたふくなど)測定も行っています。

海外渡航・旅行・赴任・留学の相談は品川区五反田のKARADA内科クリニックまで

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』(20年7月15日発売予定)
pagetop