ブログ

公開:2020.02.18 医療情報

アレルギー検査について

KARADA(カラダ)内科クリニック院長の佐藤です。

花粉の飛散が始まり、「眼がかゆい」、「鼻がムズムズする」、「くしゃみが増えてきた」、などの相談を受ける機会が増えてきました。実際に毎年花粉症でお悩みの方は、すでに内服、点鼻、点眼を始めていらっしゃいます。「なるべく早めの(花粉が飛び出す前の)治療」が、症状を悪化させないポイントです。

あなたのアレルギーは花粉から?

 

さて、花粉症の皆さんはどのように「あなたは花粉症」と診断されたでしょうか?中には自己判断で診断をされている方もいらっしゃるかもしれません。3月~5月のスギ花粉の時期にかけて、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあれば、問診で花粉症と診断することも可能です。

しかし、スギ花粉以外にも花粉症の原因は多くあります。それを知ることで、「いつまで薬を飲めばいいか」、「マスクなどの花粉対策をいつから始めるか、いつまですればよいか」などの対応策を知ることができます。

アレルギー検査は保険診療で受けられます

 

KARADA内科クリニックでは、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アレルギー性皮膚炎、食物アレルギーの方の原因物質を、採血で見つけることができるView39という検査を受けることが可能です。検査可能な項目は、下記の通りです。

〇花粉などの吸入系 ・その他アレルゲン(19項目)
ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス

〇食物系アレルゲン(20項目)
卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、米、ゴマ、ソバ、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉

症状のひどい方や、原因が不明の方は保険適応となります。価格は保険適応で約5-6000円程度、結果は採血より約1週間で判明します。原因アレルゲンがわかることで、そのアレルゲンを避けることが可能になるため、非常に有用な検査です。

アレルギーや花粉症の検査は、品川区五反田のKARADA内科クリニックにご相談ください。

The following two tabs change content below.
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 ●著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』 ●日本テレビ スッキリに感染症専門家として毎週出演中 ●Yahoo!ニュース公式コメンテーター

最新記事 by 佐藤 昭裕 (全て見る)