休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

症状から探す

symptom

胸が痛い(胸痛)

胸が痛い時には、命にかかわる病気が隠れていることがあります。そのため、まずはそのような致死的な病気でないかどうかを見極めることが重要となります。頻度としてはそのような重症な病気であることは多くありません。ただ、「痛み」というより、「圧迫感」、「絞られるような」、「息苦しい感じ」と表現されることもありますので、まずは検査を受けましょう。

・狭心症

心臓を走っている血管が細くなったり、けいれんを起こすことで症状が出ます。労作や感情的な興奮により引き起こされ、安静やニトログリセリンという薬で改善します。胸の真ん中に圧迫感を感じ、痛みは左側で優位となり、左腕のしびれとともに顎、くび、肩に広がることもあります。心電図で診断をつけます。

・心筋梗塞

心臓を走っている血管が詰まることにより起こります。痛みは狭心症と似ていますが、より激しく、長時間にわたります。発汗、低血圧、吐気を伴うことがあります。その症状からほとんどの場合で救急搬送となりますが、症状が比較的軽い場合は、歩いて病院・クリニックに受診される方もいらっしゃいます。検査は採血や心電図、心臓カテーテル検査を行いますが、すぐに治療が必要となる病気のため、救急者での受診が望ましいです。

・大動脈解離

大動脈の壁が裂けてしまうことにより痛みが出ます。最悪の最大の痛みといってもいいでしょう。裂ける部位の進行により、痛みは移動します。その症状からほとんどの場合で救急搬送となりますが、症状が比較的軽い場合は、歩いて病院・クリニックに受診される方もいらっしゃいます。検査は採血や心電図、CT検査を行いますが、すぐに治療が必要となる病気のため、救急者での受診が望ましいです。

・逆流性食道炎

胃と食道の接続部分が緩むことにより、胃液が食道に逆流し、食道の粘膜が損傷を受けることにより症状が出ます(胃は自分が出す胃液から身を守る仕組みがあるが、食道にはないため)。胸の痛み、げっぷの増加、朝起きた時の口の苦み、食べ物の飲みこみにくさ(嚥下困難)、咳などの症状が出ます。症状は夜寝た時、横になった時に悪化します。胃カメラを行い診断をつけますが、胃カメラではわからないタイプもあります。治療は胃酸を抑える薬を飲みます。

・帯状疱疹

過去に感染し、体内に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが活発になることにより疼痛が出現します。痛みがでてから水疱ができ、赤くなります。基本的には体の左右どちらかにしか出現しません。水疱がでていれば診断は容易ですが、痛みだけしかない時には困難です。治療は抗ウイルス薬の内服を行います。また、免疫が落ちたり、加齢とともに起こりやすくなります。水痘ワクチンを高齢になってから摂取することで予防することもできます。

・肋骨骨折、肋軟骨炎

肋骨や肋軟骨が損傷することにより起こります。損傷は運動や事故などの衝撃だけではなく、満員電車や変な姿勢で寝てしまっても起こりえます。痛みは深呼吸や体をひねるなどの動作で悪化します。損傷している部位がピンポイントで痛みます。なるべく動かさないようにし、痛み止めを飲んで自然に治るのを待ちます。

・胸膜炎

肺炎や肺癌により、胸膜に炎症がいってしまった状態です。肺実質は痛みを感じませんが、肺を包んでいる膜にまで炎症が及ぶと痛みを感じます。深呼吸で悪化し、呼吸困難を伴うこともあります。胸部レントゲンや胸部CTで診断をつけます。治療は胸膜炎を引き起こしている元の病気の治療を行います(肺炎であれば抗生物質)。

pagetop