休診:土曜午後・日曜祝日
03-3495-0192
MENU

症状から探す

symptom

便秘

女性が悩まされることの多い便秘ですが、便秘も様々な原因から起こります。「便が出ないから下剤を飲む」前に、一度根本的な原因がないか、調べることをお勧めいたします。

・うつ病

抑うつ状態では便秘は、気分や認知の障害、その他の自律神経症状と関連して現れる一般的な症状です。

・過敏性腸症候群

小学生や中学生などの若い時から発症して長期にわたる経過をたどります。差し込むような腹痛と、それに続く排便、お腹のはり、便秘がみられます。通勤・通学中の電車の中で急にお腹が痛くなり便意を催しやすい方は疑わしいです。症状は精神的ストレスにより悪化します。お腹が緩くなり下痢をするタイプと、便秘になるタイプ、両方を繰り返すタイプなど様々です。ストレスを取り除くことと、内服薬で改善します。

・甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが出なくなってしまうことにより、体のだるさや体重増加、寒さに弱くなる、甲状腺の腫大、便秘などを起こします。採血により甲状腺ホルモン値をまず調べ、診断をつけます。治療は甲状腺ホルモンの補充です。

・脊髄病変

何らかの病気が脊髄にあることにより、排便をコントロールできなくなり、便を自主的に出すことが困難になります。その原因は、脊髄腫瘍、多発性硬化症、脊髄癆など様々です。MRIで診断をつけます。

・薬剤性

慢性的な下剤、鎮痛薬、鉄剤、抗うつ薬などの使用により、慢性的な便秘を起こします。

・生活習慣

運動不足により腸の動きが低下したり、水分摂取が不足することにより便が固くなります。

pagetop