休診:日曜・祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

プロフィール写真撮影終わりました


KARADA(からだ)内科クリニック院長の佐藤です。

 

先日ホームページ用の写真撮影をしてきました。友人のカメラマンにお願いして、撮影をしてもらいました。

いつも一緒に飲みに行ったり仲の良い友人に写真を撮ってもらうのは、すごくうれしいのと同時に、すごく恥ずかしく…。

 

「モデルの〇〇さんは、100カットで100通りのポーズができるよ!」と言われながら、ほぼ変わらない表情を浮かべることしかできませんでした。

 

数百枚の写真を撮ってもらって、その中から「プロ的に良いと思われるもの」を選んでもらい、その中から「自分なりにいいと思うもの」を選びました。

 

やっぱり、プロは違います。どうにもならないであろう被写体を、かなりそれなりにしてくれますから!!!

 

ちなみにKARADA内科クリニックは「TOMODACHI内科クリニック」とも言えます。

 

その理由は、私のTOMODACHI(友達)にとてもとても助けてもらっているからです。

今回の写真撮影しかり(カメラマン)、クリニックの名前・ロゴ・PR(広告会社)、内装デザイン(建築士)、銀行からの融資アドバイス(会計士)、クリニック開業アドバイス(医師)…など。

 

この辺りもおいおいご紹介していきます。

 

事務長の撮影風景をこっそり撮っておきました。御笑覧ください。

事務長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自称元読者モデルですが、表情がありえないくらい固かったので、嘘だと思います 🙄 

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』
pagetop