休診:日曜・祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

インフルエンザが流行し始めました


KARADA(カラダ)内科クリニック院長の佐藤です。

なんと、この時期にインフルエンザが流行しだしていて、
地域によっては学級閉鎖になっている学校もあるようです。

→東京都感染症情報センターホームページ参照 (リンク)

 

・今年は昨年を超える流行を断言します

 

昨シーズンのインフルエンザ流行を覚えていますか?
昨年は過去最大の流行で、かかってしまった方も多いと思います。

ここで、断言したいと思います。

 

「今シーズンは昨年を超える流行となります」。

 

・オーストラリアと日本、インフルエンザの関係

 

日本でどれくらいインフルエンザが流行するか、
というのはその年の南半球(オーストラリアやニュージーランドなど)での
インフルエンザ流行状況が大きな手掛かりとなります。

日本がある北半球と、オーストラリアなどがある南半球は季節が逆のため、
日本の夏の時期にオーストラリアではインフルエンザが流行します。

そのため、オーストラリアでどれくらい流行ったかをみれば、
今年日本でどれくらい流行るかがわかる、ということです。

今シーズンのオーストラリアの状況ですが、「過去最悪だった2018年シーズンの約2倍の患者数」
という報告が出てきています。

 

・ラグビーワールドカップによるインフルエンザ流行

 

しかも、「オーストラリア」、「ニュージーランド」と聞いて、何か思いうかびませんか?
そうです、ラグビーWカップです。9月20日(金曜日)、明日開幕戦ですね。

南半球にはラグビー強豪国が多く、選手はもちろん多くの観戦客が来日します。

というかすでにしているでしょう。観戦客の中には、感染客もまぎれているかもしれません。

例年とは違い、南半球のインフルエンザウイルスが直輸入されている可能性もあるのです。

先ほど私は「今シーズンは昨年を超える流行となります」と言いました。

この理由は上記にある通り、 ・南半球の流行が過去最大だから ・
ラグビーW杯が明日から始まるからというのがその根拠です。

皆さん、早めのインフルエンザ対策をお願いいたします。

予防には手洗いとマスクが重要です。

さらにワクチン接種もお忘れのないようにお願いいたします。
当院では今月末にワクチンが納入される予定です。日程が決まりましたらまたご案内させていただきます。

 

インフルエンザの治療などを詳しく知りたい方はこちら

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』
pagetop