休診:日曜・祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

今年は花粉症のピーク期間が長い??


KARADA(カラダ)内科クリニック院長の佐藤です。

「のどがムズムズする」、「鼻水がでてきた」、「目がしょぼしょぼする」、といった症状の方が増えてきました。

これまでに花粉症と診断された、もしくは自覚されている方は、「もう花粉飛んでる!?」と思われているかもしれません。
以前のブログで「東京の飛散時期は2月10日」とお伝えしましたが、もうすでに花粉が確認されている場所もあるようです。

 

花粉流行の定義は?

 

というのも、飛散開始日とは、「1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日」と定義しており、2日連続で飛散が確認されることが必要なようです。

つまり、「花粉はもう飛んでいる」のです。花粉症の方にとっては、北斗の拳の「お前はもう〇んでいる」と同義かもしれません。

 

今年の花粉は少ないかわりに…?

 

そして、今年は例年に比べ花粉の飛散量は少ないようですが、花粉が飛ぶピークが長くなるという予測がでています。

こちらを参照ください(クリック)

一度花粉症の症状(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)がでてしまうと、それを抑えるのにはかなり大変ですので、この時期からの対策が重要です。

ヨーグルトやルイボスティー、甜茶、しそジュースなど、それぞれの対策があると思いますが、何と言っても予防には抗ヒスタミン薬の内服や、点鼻薬、点眼薬を、花粉飛散前から開始することが重要です。

花粉症のことは、品川区五反田KARADA内科クリニックへご相談ください。
(大崎広小路駅からも近いですよ)

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』
pagetop