休診:日曜・祝日
03-3495-0192
MENU

ブログ

Blog

新型コロナウイルスの検査に関して


KARADA内科クリニック院長の佐藤昭裕です。

当院では新型コロナウイルス感染症の診断法として現段階では最も信頼性の高い「PCR検査」を受けていただくことが可能です。

最近PCR検査についてのお問い合わせが多くなってきました。

こちらで一度まとめておきたいと思います。

 

種類 対象の方
公費

費用:2,500円~4,500円

※公費の場合、検査料を国が負担します

  • 発熱や咳などの症状があり、今コロナにかかっているかもしれない(医師が必要と判断することが条件となります)
  • 保健所から濃厚接触者指定を受けた方
  • COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)で濃厚接触者と通知がきた
自費

費用:30,000円(税別)

※特急対応の場合は、別途5,000円(税別)

  • 実家に帰る前に、両親や祖父母に感染させないように、自分がかかっていないか検査したい
  • 知り合いがコロナと診断されたが、保健所からは濃厚接触者とは言われなかったけど検査を受けたい
  • 国内出張や旅行ではあるが、その地で感染を拡げたくないので検査を受けたい
海外渡航証明書(自費)

費用:40,000円(税別)

※健康証明書代10,000円含む

  • 海外渡航先でPCR検査の陰性証明が必要
  • 鼻咽頭ぬぐい・RT-PCR法の検査が必要
  • ISO15189の認定を取得している検査が必要

 

●海外渡航のPCR検査に関してはこちら(クリック)

検査結果がいつ分かるのか?お伝えの方法は?

 

種類 対象の方 お伝え方法
公費:症状のない方
  • 翌々日の12時以降
お電話
公費:症状のある方
  • 翌々日の午後
来院
自費
  • 翌々日の午前中
  • お急ぎの方は、翌日の午前中可能です。別途、特急料金5,000円税別が発生いたします
お電話

 

予約方法

 

なお、海外渡航目的のPCR検査は確認事項が多くございますので、お電話でのご連絡をお願いいたします

 

当院の検査法と感染対策に関して

 

当院では鼻腔ぬぐい(インフルエンザと同じ検査法)を用いたPCR検査を施行しています。

唾液での検査もありますが、唾液がなかなかでない方がいらっしゃったり、唾液検査での医療者への感染が散見されていることから、当院では鼻腔ぬぐいで行っております。

また、私は感染症専門医であり、大学病院において院内感染対策の責任者も務めていました。その経験から、「クリニック内でどのようにしたら院内感染が起こらないようにできるか」を考え、患者さんの動線や、待合室のレイアウト、スタッフへの教育を行っております。

十分な換気、適切な消毒等の感染防御策も徹底しておりますので、安心して検査にいらっしゃってください。

KARADA内科クリニックでは下記すべての方に対するPCR検査を行っております。

 

公費でPCR検査を受けて頂ける方

 

新型コロナウイルス感染症のPCR検査は、下記のような方々が国がPCR検査代を全額負担してくれます。

しかし、初診料などは通常の保険診療と同様に自己負担があります。採血やレントゲンを受けたときや、処方がある場合も1-3割の自己負担がかかります。内容によって異なりますが、クリニック窓口での自己負担額は、3割負担の方でおおよそ2,500円~4,500円程度となります。

  1. 新型コロナウイルス感染症を疑う症状があり、医師が必要と判断した場合
  2. 保健所から「濃厚接触者」と指定され、受診を促された場合
  3. 厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」で陽性者との接触確認があった場合

 

自費PCR検査となる方

上記1~3には当てはまらない方は、自費診療となります。

当院でのPCR検査代は30,000円(税抜)となっています。また、日本語の診断書が必要な方は3,000円(税抜)、海外渡航時に必要となる英文の証明書(健康証明書や陰性証明書)は10,000円(税抜)を別途頂戴しております。

  1. 海外渡航時に必要な健康証明書、陰性証明書が必要な方
  2. 国内出張や帰省などに際し、検査を希望される方
  3. ご自身の近くで陽性者が判明したものの、保健所からは濃厚接触者には指定されなかった方
  4. 会社からの指示で検査が必要な方

また、当院では1日で100~200人程度まとめて検査をご希望される会社様、旅行会社様等のご要望もお引き受けさせていただいております。詳細はお電話でご相談ください。

最後になりますが、現在多数のお問い合わせをいただいており、電話が大変繋がりにくくなっていますことをお詫びいたします。

The following two tabs change content below.
佐藤 昭裕
KARADA内科クリニック院長。医学博士。日本感染症学会専門医。 総合診療医として全身の幅広い診療と、感染症専門医としてHIV感染症や結核、マラリアなどの診療に加え、集中治療、院内感染対策、ワクチン診療などに従事。 「東京都感染症マニュアル2018」や「感染症クイック・リファレンス」などの作成に携わる。 東京医科大学病院感染症科医局長や東京医科大学茨城医療センター感染制御部部長、感染症科科長などを歴任し、現職に至る。 -著書『感染症専門医が普段やっている 感染症自衛マニュアル』
pagetop